読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーラジカル

ヴィジュアル系とか、ヨーグルトとか、、、、

jukebox / Vogus Image

音源感想

手に入れた音源など、記録程度に残していこうと思います。

ブログタイトルに深い意味はありません。

ただテーブルの上にあった"Vaselline"にヴィジュアル系に匂いを若干感じたことと、語呂がいいなと思ったので。

バサラとかヴェルサイユ由来ですかね、、、どっちも好きですが、、、。

歌モノ寄りのV系、メタル、その他J-POPがほんの少し混ざるかもしれません。
昨年は amber gris,Moran,yazzmad あたりが解散して、とても辛い年でした。
日頃話せていないV系に関する自分語りが若干入るかもですが、ウザくない程度でやめようと思います。

f:id:mastying:20160318141052j:plain


jukebox / Vogus Image

2011年の再結成の際、販売されたもの。
不織布ケースにCDのみ。
ですがCD-Rではなく、ちゃんとプレス盤。プレスドインタイワン は御愛嬌。

新曲"jukebox"に、"無題"と"G"の再録。

新曲は現在の昇歌さんの路線を踏襲した、穏やかで爽やかなミドルチューン。
名曲だと思います。

Gのアレンジも大きく変更は無いけど、広がりが出ていい感じ。

Airなんかも聴いてみたい。

そしてなんといっても………無題!無題!無題!
原曲とは違う、煌びやかなアルペジオが響いて、ムムッと思った途端にあのドラムフィル。

このアレンジには浮くけど、やっぱこれが無きゃ無題は始められない と言わんばかり。

 

 

結果的に、"10年"という時間の残酷さや・切なさ、過去を美化してしまう心情すらも描いてしまった、本当に大きな曲になって帰ってきた。

 

「愛情がかわいた?」の答え

「そんなんじゃないよ」が「そんなことじゃない」に変わっております。


「時間が壊した?」「そのままでいてね」
この曲に出てくる会話僕自身はじめて聴いた時はちぐはぐな会話だな位にしか思えなかったけど、今ならわかる気がする。

恋愛、特に別れに於いては"ちぐはぐ"なことが多い。
急に相手が大人になったりするんだよな。クソである。
10代にしてこの歌詞を書くなんて、昇歌さん、しゅごい……。

 

水色の歌詞なんかも好きです。曲も好きです。

昇歌さんの歌って、音域が広いわけでも奇をてらったメロディでもないのに
どうしようもなく胸を締め付けられるんですよね。

先日出た、portablerainの音源も素晴らしかった。
ライカエジソン特典の小宇宙が特にタマラン。

心が暖まる、いい音源です。
周りの人間が日和ってきて、イライラして 一人でいい音楽でも聴きたいな

っていう、この時期にぴったり。


無理ないように活動を続けて欲しいです。応援してます。


vogus image - jukebox