スーパーラジカル

ヴィジュアル系とか、ヨーグルトとか、、、、

"recovery of the god" at 下北沢SHELTER 2016.05.04

一年振りのゴッドさんワンマンに行ってきました。

今回は敢行自体がですが、個人的にはタイミングがなかなか合わず年イチ位しかワンマンは見れないので、やはり年イチ行事的な感覚。

 

 セットリスト

1.into the filtration→濾過

2.焼失
4.半分人
5.プール
6.千年樹
7.エドワードスミス
8.damned
9.ハッピーJ
10.canine
11.after the addle apple
12.tonight is the night
13.群盲象を評す→elephant in the room
14.ザゾンビ
15.love hole
16.出来事と偶然の為の媒体
17.賑やかな食卓
18.殆ど腐敗
19.真っ赤な雪
20.dawn of the god
 
”after the addle apple"収録曲がトラック順にセットリストに配置されていて、レコ発的な空気もありました。といいつつ各音源からバランス良くピックアップされていて、これがすごく良かった。
出来事前のMC"the god and death starsでした"からの展開は、瞬きも我慢したい程でした。
 
やっぱりワンマンに行かないと聴けない曲たちが増えてきた。
「古い曲やります」と言って始まったプールもなんだかんだ四年前の曲だし、大好きなcanineなんかもイベントじゃまず聴けない。tonight is the nightの曲を結構やってくれて、個人的には嬉しい。出会った頃の音源なので。the studsのtonight is the nightも好き。tonight is the night芸人。
 
ライブで聴くと、思っていた以上に"after the addle apple"の楽曲の持つ質感は、今の彼らに馴染みが良くしっくりきていました。
だし、旧盤の匂いを音源より感じられた。あの音源が持つ疾走感、みたいなものの一端が感じられたような。旧addle appleが無いのは寂しいけど。
真っ赤な雪で〆たのも個人的に◎でした。gibkiyやらKEELを経て、こうゆう曲をライブの大事な位置でやってくれるのは結構意味があると思ってます。
 
aieさんの歌声も、緩急が巧くつけられていて、tonightやサビなんかも綺麗に。
でもその一方ではじめて見た時に感じた、あのザラッとした感触は薄れてきたような気がします。歌声に限らず。
 
やっぱりgodさんはいいです。すごくいい。絶対に生で見るべきバンド。
godさんのSHELTERワンマンは三回目なんですが、ようやくいい位置で観れたんです。
2013.05は階段から覗くように、2015.05はaieさんの真正面 だったので……。
毎度思いますが、行って良かった。
 
三ヶ月連続ワンマン、年内頑張ればアルバムetc いくつかの計画が発表されましたが、これを機に大きく躍進してほしい。

f:id:mastying:20160507090407j:plain