スーパーラジカル

ヴィジュアル系とか、ヨーグルトとか、、、、

渋谷、世界電気通信の日、或いは弾き語る動物の5月第3火曜日 in SHIBUYA CHELSEA HOTEL 2016.05.17

先週のことですが、雨上がりの渋谷に行ってきました。

 

セットリスト

1.Hello Again

2.球根

3.真っ赤な糸

4.接吻

5.赤橙

6.丸の内サディスティック

 

ex.amber grisの手鞠さん、ex.yazzmadの健希さん、ex.caligariの誠さん

どれも区切りを見に行ったバンドだったので、感慨深いのやら何やら。

びっくりしたのが、誠さんがアコギ&パーカッションだったこと。

 

中盤のMC、健希さんがコフィンやfeel meのイントロを弾いて、手鞠さんが”いや、それやっちゃうとさぁ、、、”みたいなやりとりがあって、涙目。

解散から一年経ちましたが、やっぱりamber grisが忘れられないし、やっぱり手鞠の歌が一番好きだなぁと。

と同時に、なんでこんなところでカバーなんかやってんだよこの三人が!!!!

と思ったのも事実でありました。

 

といいつつ選曲が結構ツボ。

まさか!球根を一週間のうちに、吉井さんと手鞠さんの声で聞くことになろうとは思わなかった。生命のスタッカートびしびし感じた。

真っ赤な糸も。例に漏れず、ネガとポジ世代なので。

初めて触れた音源がシングルの”真っ赤な糸/藍より青く”なんですけど、これ今でも名盤だと思います。 

 

真っ赤な糸(初回限定盤)(DVD付)

真っ赤な糸(初回限定盤)(DVD付)

 

 

手鞠さんのことだから、DA PUMPRhapsody in blueあたりを入れてくると密かに期待していたんですが、さすがにそれは無かった。

赤橙も思い出のある曲なので◎でした。健希さんのギターに合っていました。

 

竜太郎さん、ネジ村さん?は往年の名曲たちを弾き語りしていました。

こうゆうコンセプトなのかぁと。

22才の別れ、悪女あたりが印象に残っています。

プラはそれこそ十年来位で好きなんですけど、観たことは無くて。

なので良かったです。


余談ですが、時を同じくしてクワトロではARCH ENEMY初期メンバーによる、BLACK EARTHのライブが行われていました。

ヨハン見たかったですけど、まぁ手鞠を選んだということでどうか。

 

CHELSEA HOTELって初めてだったんですけど、雰囲気いいなと思いました。

f:id:mastying:20160528003624j:plain