読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーラジカル

ヴィジュアル系とか、ヨーグルトとか、、、、

THE SECOND TIME AROUND / TWEEDEES と 詩踏み /DIR EN GREY

 

The Second Time Around【初回盤(CD+DVD)】

The Second Time Around【初回盤(CD+DVD)】

 

 

沖井節は健在ながらも、より清浦氏の色が出てます。
初聞きは薄味に感じたが、二周目からは清浦美味アルバムだな、と。
前作よりも遥かに吹っ切れたボーカリゼイションが今作の特徴ではないでしょうか。PHILLIP、Baby,Babyあたりにドキッとさせられました。
敢えてか、必然か、沖井氏が一歩引いている気がします。


序盤三曲は沖井節全開で駆け抜けるも、続く三曲で清浦ソロともいうべくボーカルにフォーカスした楽曲たち。
終盤はBaby,Baby、Winter's day、友達の唄と沖井サイド、清浦サイドどちらにも振り分けることのできない言わば化学反応(振り分けること自体が野暮だということは重々承知しております)を存分に楽しめる。
特に友達の唄は泣ける。詩とメロディの大勝利と叫びたい。石井秀仁に歌って欲しい。

 

ラストのムーンライトフラッパーは歌詞が異端だけど、ザポップス感でなかなかハマってる。
ラストらしいラストで置きに行ってないあたり、やはり捻くれ者。

先述、沖井氏が一歩引くとか言いましたけど"速度と力"には確かにCymbalsのポップ×パンク、FROGのフュージョン感を感じれましたし、これは名曲であります。

 

こうゆうふうに考えると流れが綺麗で、通して聴きたくなる。

最初は中盤落ち着きすぎだろ、なんて思ったんですが。

個人的に、1stは"流れ"という点で通して聴く感じでは無かったので。振り幅が大きくて少し疲れる感じ。
クリンクランは一曲目だろ!と言いたいところだけど、でも、あなたにはがっかりは絶対一曲目。

 

総じて、、、

過渡期という言葉が頭に浮かんだ、とてもセカンドらしいセカンドでした。
V系シーンなんか、妙に完成度の高い1stとかミニアルバム数発出してからのフルアルバムとかいろいろチグハグするんですけど、ある種の手練が新人バンドとしての道程を作為的に歩んでる様がいじらしくも、清々しい。
間違いなくサードで化けるはず。
言い換えるならば、次のカタログがリリースされてより形を成す、

そんな作品な気が致しました。

 

また、作品全体に漂う哀愁みたいなものを、アルバムを通して感じてました。アルバムとしては、前作よりも好きになりそうです。

電離層のようなキラーチューンが無いですが沁みます。

 

ただ歌詞カードのデザインはもう少しいい写真や色感があったはず…。
むやみに持ち出すのはアレですが、Mr.Noone Specialの歌詞カードが大好きです。


BABY, BABY / TWEEDEES(トゥイーディーズ)


TWEEDEES『The Second Time Around』ティザー

 

 

 

そして時同じくして、DIR EN GREYの新譜も購入。

 

詩踏み(初回生産限定盤)(DVD付)

詩踏み(初回生産限定盤)(DVD付)

 

ここ最近とにかく一番高い仕様を買っていたので、まともなCDサイズで手に取るのはDIFFERENT SENSE以来。久々に見てみたら、あれもう五年間だった。

作品としての手触りにこだわり続けるいいバンドです。本当に。

でも武道館も行かなかったし、映像も買っていないし、完全に落ち着いてしまった。

凌辱の雨からディルの音源は買っているんですが、もはやディルの新譜という惰性で手にとっています。

今は正直sukekiyoの方が気になります。

今作品はシングルとしては久々のファストかつメロディアスな曲。

一応買った記録として。